マーケティングパラダイス.net

マーケティングの基礎から最新情報まで!

Page 2 of 5

ウェブマーケティングのプロ

正しい施策をしないと逆効果!SEOもMEOもプロへの依頼がスマート

皆さんは、日本におけるスマートフォン普及率がどれほどかご存じですか?総務省の調査によると、2018年度時点でスマートフォンの世帯保有率は75.1%と、パソコン保有率の72.1%を超えました。個人保有率を見ても60%を超えており、これから先、集客を考えるのであればスマートフォンユーザー向けの対策は必要不可欠です。

近年、ウェブ上の集客方法として「SEO」と「MEO」という言葉をよく耳にするようになりました。SEOは「Search Engine Optimization」、MEOは「Map Engine Optimization」の略です。「Engine Optimization」は「~エンジン最適化」という意味ですので、それぞれ「検索エンジン最適化」「マップエンジン最適化」という意味です。

SEOとMEO、それぞれに対策業者が多数あり、さまざまな施策を行っています。しかし、中には効果の定かでない、ペナルティ対象になりかねない施策を行っている業者もありますので注意が必要です。

SEOとMEOのNG施策例

<SEO>

Search result optimization SEO marketing analytics flat vector banner with icons. SEO performance, targeting and monitoring, search results website templates. Modern website concept business solutions

SEO対策に関して言えば、Googleの検索エンジンアルゴリズムもアップデートを繰り返し、ペナルティ対象となる「ブラックハットSEO」の検知精度は非常に高くなっています。しかしながらアルゴリズムの穴を突き、検索ユーザーの意図を満たすという観点から離れた施策を行っている悪質な業者がいることも確かです。

ブラックハットSEOで代表的なものは「ワードサラダコンテンツ」のような「低品質なサイトからのリンク」です。

ワードサラダコンテンツは、人工知能やマルコフ連鎖を利用した、特定のキーワードを含む文章の自動生成文章を指します。文章の体裁になっているものの人の目で見ると意味不明の文章になっていることが特徴です。キーワードをサラダのようにごちゃまぜにすることから「ワードサラダ」と呼ばれます。

これはペナルティの対象であるとGoogle側も告知しているものの、いまだに用いている業者は少なくありません。

低品質なサイトからのリンクは、ワードサラダコンテンツ掲載サイトやアダルトサイトなど公序良俗・モラルに反するサイトからのリンクを指します。リンク先と紹介文のジャンルが一致していない場合も「無関係のサイトからのリンク」としてペナルティの対象となる可能性があります。

これらブラックハットSEOを行う業者は、格安料金をうたっている業者が多いです。何事も、相場と比べて安すぎる業者には依頼しないようにしましょう。

<MEO>

Flat design vector illustration of hand holding smartphone with mobile navigation app on screen. Route map with symbols showing location of man. Global Positioning System concept design elements.

一方、MEO対策は歴史が浅く、発展途上な部分があります。とはいえ適当な対策では上位表示されることはありません。

MEO対策でよくあるNG施策は、店舗名の項目に検索キーワードを詰め込む方法です。店舗名に店舗名と無関係なキーワードをつけ加えることは、リスクがあるので注意しましょう。

MEO対策は、SEO対策に比べると業者に依頼しなくともできることが多いため、MEO対策業者に依頼しなくてもよい、と思われる方もいますが、対策業者はペナルティの基準などを熟知しているため、依頼することで効率的に、ペナルティのリスクも低く対策ができます。そのため、MEO対策こそ対策業者へ依頼することが重要です。

いずれにせよ重要なことは「検索したユーザーの利便性を高める」ことです。これを理解していれば、小手先の対策で順位を上げようとは考えないでしょう。

対策業者を選ぶ基準は?

Exclamation mark in bubble speech vector icon. concept os attention or warning sign. Danger information or risk info icon. Flat vector illustration isolated on white backgroundどちらの対策業者を選ぶ時も、重視するべきは実績のあるプロフェッショナルかどうかです。上位表示率や継続率が高水準を保っている業者であれば安心して依頼ができます。

また、まだ歴史が浅いMEO対策業者を選ぶときは実績のほかにも、有益な情報を多数発信している業者であるかも確認しましょう。たとえばGlumaというMEO対策サービスでは、MEO対策に関することのみならず、Googleマップの便利な小技などもコラム的に紹介しています。このことからわかることは、対策先であるGoogleマップへの理解度が深いということです。こちらは上位表示率も継続率も高水準です。MEO対策を考えているなら、まずはGlumaのコラムを確認してはいかがでしょう。

イメージのカレンダーです。

人は限られたものに弱い!「限定」を上手く活用しよう

旅行に行くと、ついご当地のものを買ってしまうという方はいませんか?また、ショッピングに行った時、限定販売の文字を目にして、思わず購入する予定のなかったものを買ってしまった経験はありませんか?

人は、数が少ないものに価値があると思い込みます。これを心理学では「希少性の法則」と言います。

・旅行先でしか買えないものが欲しくなる
・限定商品が欲しくなる

このような心の動きも希少性の法則によるものです。この希少性の法則を上手く利用することで、高い効果を期待できるマーケティングをすることができます。

希少性の法則を利用したマーケティング手法

では、希少性の法則を用いたマーケティングとして、どのような方法が考えられるでしょうか?

方法1:限定商品の販売
おそらく、もっとも多くの企業が実施している方法でしょう。販売数や販売期間を限定した商品や、その店舗でしか購入できない商品は希少性があり、顧客にとって魅力的に映ります。

限定商品を販売する際は、販売数や販売期間を明らかにすることが大切です。また、当然ですが販売数は少ないほど、販売期間は短いほど、顧客により希少であるという印象を与えることができます。ただし、数が少なすぎる場合や期間が短すぎる場合、実際の売り上げはそれほど大きく伸びません。顧客に希少性を感じさせながら、売り上げを大きく向上させる、ほどよいバランスで計画しましょう。

方法2:限定特典の配布
実際は商品購入やサービス利用に付随する特典ですが、特典自体にはお金がかかりません。特典=無料プレゼントという印象が強いため、多くの顧客が魅力を感じやすいです。どちらかと言えば、商品購入やサービス利用を迷っている顧客を後押しするタイプのマーケティング手法です。

特典は、永続的に配布されているものもありますが、希少性の法則を活用するならば、期間限定の特典にすることが望ましいです。もしくは、時期を限定して特典の内容を充実させるなどの工夫もできます。

方法3:限定イベントの開催
ショッピングモールやテーマパークなどで実施できる方法です。ディズニーランドが良い例として挙げられます。決まった期間内にしか見られないイベントを数多く実施しているため、多くの方が複数回訪れています。一時期にしか見られないイベントを開催することで、観覧目的の顧客を集めることができます。

イベントを開催する際は、SNSブームを意識した内容にすることが重要です。例えば、独創的なダンスを披露するイベントがあれば、動画を撮影し、SNSに投稿するために行ってみようと考える方がいます。HIPJIVEのようなダンスプロダクションに依頼をすれば、ダンサーを派遣してもらうことができます。ダンサー派遣を利用すれば、オーディションに時間を割く必要がありません。

この他にも、希少性の法則を活用したマーケティング手法はいくつも考えられます。顧客のニーズを考えて、どのような限定品、限定イベントが求められているかをしっかりと把握できれば、きっと高いマーケティング効果をあげられることでしょう。

pixta_53919261_S

DM料金で大きなウェイトを占めるのは…?

インターネットが発展し、ユーザー1人ひとりの好みに合わせた「パーソナライズ広告」もあることから、数ある広告の中でもウェブ広告が最も費用対効果が高い、そう考えてはいませんか?確かにパーソナライズ広告は他の広告と比べるとクリック率が高いです。しかし、その好みを学習するためにCookieを利用しているため、人によっては「ウェブ上の履歴を不正に取得されている」と考え、せっかくの広告が逆効果になってしまうこともあります。

また、ウェブ広告と一言で言っても、テキスト広告、バナー広告、動画広告と3種類あります。最も効果が高いのは動画広告ですが、効果が高い分コストもかさんでしまい、必ずしも費用対効果に優れるとは限りません。また、商材によってはそもそもウェブ広告が向いていないこともあります。

比較的どのような商材であっても効果を発揮する広告があります。それはDMです。BtoCはもちろん、BtoBでも使われており、代わり映えのしない宣伝手法なのではと思われるかもしれませんが、裏を返せばそれは王道であるということです。何事も基本を押さえなければ応用はできないものです。

DMは工夫次第で費用対効果を何倍にも高めることができます。DMの恩恵を最大限受けるためにはまず、何に最もコストがかかっているかを知る必要があります。

DMの効果を高めたいなら〇〇を見直そう!

皆さんは「DMで最もコストがかかる部分」と聞いて何を思い浮かべますか?その答えはずばり「送料」です。発送にかかるコストが最も高く、はがきサイズであればDMの総コストのうち、最大80%を占めるとする業者もいます。

そしてDMにはほぼ必ず、返送されるものがあります。これを「不着DM」と言います。これを減らすことが第一のコストカットと言えるでしょう。

不着DMを減らすためには、名簿のクリーニングが重要です。不着になったものと照らし合わせて、適宜消去・修正していく必要があります。この作業だけで不着率を大幅に下げることができます。

名簿のクリーニングが終わったら、送料の見直しを行いましょう。多くの企業では発送代行業者を利用しているでしょう。お得な代行業者を選ぶにはまず、運送会社との特約を結んでいるか確認しましょう。

特約は特別な送料単価のことです。一定以上のDMを発送しなければこの特約を結ぶことはできません。また、特約はDMの扱いに習熟していることを証明します。DM関係で扱いがややこしい「信書」に関しても、特約を結んでいる業者であれば気軽に相談することができるでしょう。

DM料金に最もかかわる発送コストを下げるには、DM代行業者に相談することをおすすめします。代行業者のDM料金の割引率などはこちらが参考になります。こちらはヤマト運輸と郵便局の間に特約を結んでおり、年間約800社3億通もの取引があります。個人情報の取扱いを熟知している証「プライバシーマーク」を取得していることからも、大切なお客様の情報が詰まったDMを預けるに値する業者でしょう。

Page 2 of 5