マーケティングパラダイス.net

マーケティングの基礎から最新情報まで!

Page 4 of 5

London, United Kingdom - JULY 25 2016: Sample of junk mail items delivered to a private residence in England as advertising for local retail businesses and services

人目を惹くチラシとは?チラシ広告の基本3ポイント

チラシを使って人を集めたい場合、誰もが注目して、その内容をイメージできるようにしなければなりません。

まず、チラシのタイトル部分を目立たさなければなりません。大きい文字をただ使うのではなく、デザインを施し、さらに濃い色を使用すると良いです。これによって目立ち、人に注目されるようになります。

次に、文章で内容を紹介しても、飽きられてしまう可能性があります。何より、チラシなので読まれない可能性が高いです。そこで、文章を少し読むだけで内容をイメージできる方法として、内容に関係のある写真を掲載すると良いでしょう。写真を使うことでイメージしやすくなり、わざわざ長い文章を読まずに済みます。これによってチラシが目に入ったとき、時間がなかったとしても確認することができます。

最後に、チラシをどう使うかですが、集客のポイントとして、より多くの人にチラシが見られるように配布しなければなりません。誰もいないところにチラシを用意しても、見られる可能性が低い上に効果は薄いです。だから、最初から多くの人が集まっている場所にチラシを用意し、見られる確率を向上させます。

以上3つの方法をとることで人を集めることができ、その効果を期待できるでしょう。

Young beautiful Asian woman using smartphone and credit card for online shopping at home with copy space. E-payment technology, shopaholic lifestyle, or mobile phone financial application concept

ECサイトを利用するならスマホ対応は必須です

ECサイトを構築していく場合は、スマートフォン対応を行うことが大切です。日常的にスマートフォンを利用するユーザーが多い現状では、自社のサイトをスマートフォンに対応させていくことは重要です。新規にネットショップを立ち上げていく場合には、サイト開設当初からスマートフォンでの商品の購入が出来る仕組みを導入していくことが必要です。ユーザが移動中等でも気軽に商品を選ぶことが出来ることとスピーディな決済手段を導入しておけば、多くの売上を見込んでいくことも可能です。

ネットショップを長期的に運営していくには、常に安定した売上を計上していくことが必要になります。広告費用を掛けていっても、アクセスしたユーザが購買をする気分にならなくては意味もありません。サイト構成から考え、スマートフォンユーザが問題なく、自社の商品や商材を購入していくことが出来るようにサイト構築を実現していきましょう。

最近はイベントやセール時の繁忙期の集客手段にSNSを活用していくケースも増えています。ユーザが日常的にスマートフォンで見ているSNSでの集客を行う際にも、事前にサイトをスマートフォンに最適化しておくことが大切です。いつでもユーザが購入出来る仕組みの構築が大切です。

Rearview shot of a young woman working in a call centre

基本のき:「インサイドセールス」とは?

インサイドセールスとは、相手先を訪問せずに遠隔で行う営業活動のことをいいます。電話やメール、ウェブ会議、ダイレクトメールなど、様々な方法を用いて行っています。そして、多くのメリットがあります。

まず、業務の効率化です。これまでの外回り型では、取引の見込みがある企業へ訪問していましたが、その回数を減らすことができます。移動回数が減少すれば、交通費などの経費削減にもつながります。

また、メールの返信内容などで取引の見込みが判断できるので、優先度の高い企業が把握できます。そして電話やメールでは、多くの企業へアプローチを行えるので、少人数の部署や企業でも高い成果を発揮することが可能となります。

さらに、提案や商談といった重要な業務に集中できるというメリットもあります。新しい顧客の発掘や管理まで行うと、そちらの業務に気を取られて、本来行うべき提案の精度や質が下がってしまいます。そのようなリスクを回避でき、残業を減らすこともできます。他にも、情報共有が可能となるので、組織力が強化されることも期待できます。相手先と会う機会が減ったため信頼関係を失ってしまったり、メールなどでは商品の魅力を上手く説明できずに、ビジネスチャンスを逃してしまうというデメリットもありますが、利用価値の高い方法であるといえます。

Page 4 of 5