マーケティングパラダイス.net

マーケティングの基礎から最新情報まで!

カテゴリー: 宣伝テクニック Page 1 of 3

レストランのグルメ画像

一目見ただけで心をつかむ、わかりやすくておしゃれなチラシとは

念願の自分のお店を持った時、ここに自分のお店があります、とアピールが必要ですよね。新しい商品やサービスを始める時も、こんな商品です、こんなサービスです、と知ってもらわなければ購入に繋がりません。そこで、いくつかある手段の中には、チラシという手段があります。

しかし、ただチラシを作ろうにも、見にくかったり、伝えたいことが伝わらないチラシもあります。例えば、文字ばかりだったり、的外れな写真だったり、それでは意味がありません。適度に写真がある、もしくは写真がメインのほうがわかりやすいチラシもあります。

どんなチラシがいいのか

以前、チラシといえば紙でしたよね。しかし、現在は紙だけではありません。SNSやWebサイトなどにも掲載され、人々の目に触れる機会が増えました。目に触れる機会は増えましたが、人が実際にチラシを見ている時間は一瞬です。文字ばかりではどんなチラシか一瞬ではわからず、読むのに時間がかかりそうだと敬遠されます。その一瞬で心を掴めなければ、読まれることなく流されてしまいます。

そのため、一瞬見られたときに、気になってしまうようなチラシを作る必要があります。一目見たときに、紹介したいもののこと、メッセージが伝わるようにすることが重要です。

写真やイラストを入れる

チラシは、まず目に留めてもらうことが大切です。そのためには、インパクトのある写真やイラストを使いましょう。かといって、何でもかんでも写真、何でもかんでもイラスト、を使えばいいというものではありません。写真が向いているもの、イラストが向いているものがあります。

写真が向いているものは、飲食店や美容院などの、実際に見てもらったほうが早いものです。食べ物の味や見た目を文字で説明しても、明確には伝わりません。味は食べてみないとわかりませんが、見た目は写真で伝えることができますよね。文字で説明するより、写真を載せたほうが一発で伝わります。

イラストが向いているものは、直接見たくないものが被写体の時です。例えば、害虫駆除や傷口、汚いものなど、写真を載せてしまうと、より一層目を背けたくなってしまいます。直接見たくないものは、基本的にイラストで、かわいらしくデフォルメしたり、シンプルにしたほうがいいです。

写真をうまく使って見やすいチラシを作る

文字で説明するのではなく、写真やイラストを載せたほうが、目を引いたりわかりやすいことができることをお伝えしました。見やすくなるだけでなく、写真によって、見る人に与える印象も変わってきます。風景や物を載せると、とてもスタイリッシュな印象になります。お酒を扱うお店なら、お酒の入ったグラスや、おしゃれな器に載った料理などが載っているとかっこいいですよね。お店の印象も、チラシから伝わるので、おしゃれなお店なら、おしゃれな写真を使いたいです。

しかし、写真をおしゃれな感じに配置ができないと、困っている方も多いと思います。そういったときは、おしゃれなテンプレートを使用するのも一つの手です。スタイリッシュなチラシデザインのテンプレートサイトもその一つです。数多くのスタイリッシュなチラシのテンプレートがあり、パターンもたくさんあります。プランも2種類あり、ベースをほとんど変更せず、写真や文字、書体の変更のみのかんたんプラン。テンプレートにない文字を追加したり、画像をさらに追加できるこだわりプランがあります。予算に合わせておしゃれなチラシが作れるのでおすすめです。

1からすべてデザインをして作るのはとても大変です。チラシのテンプレートを使えば、簡単におしゃれなチラシを作ることができます。おしゃれなチラシを作って、集客に役立ててください。

Best service vector, man and woman working hard on business development, making it better, chart with stars made of gold, ladder up and foliage poster. Get best services for business

既存顧客の満足度をアップするには?

企業の経営において、新規顧客と既存顧客のどちらを優遇するかという話題をよく耳にします。このことに対する回答はすでに提示されており、より利益を向上させることを考えるならば、既存顧客を優遇し、キープし続けることが重要になります。

これは、売り上げの8割が2割の既存顧客によるものという「2対8の法則」の理論から来ている考え方です。また、新規顧客は既存顧客に比べて、利益に繋がるまでのコストが大きいと言われています。これもまた、既存顧客を優遇するべきと考えられている理由の1つです。

新規顧客も既存顧客も大事な顧客に変わりないものの、より利益の向上を目指すならば、既存顧客に重点を置き、キープし続けるための施策を考えましょう。

特別扱いで既存顧客の満足度アップ

pixta_57238111_S既存顧客に継続的にサービスを使ってもらうには、新規顧客といかに差をつけるかが重要な要素になります。

既存顧客は、商品購入やサービス利用において、少なくとも一度は企業のためにお金を支払っており、実際に企業の経営維持に貢献している方たちです。全員ではないにせよ、「企業に貢献している」という考えを持っている方はいると思われます。そのような方と新規顧客を同じように扱った場合、既存顧客が企業に対して「お金を払っているのに」と不満を抱くことが考えられます。新規顧客とは異なる、何かしらの特別扱いをする必要があります。

ただし、既存顧客が優遇されていることを新規顧客が知れば、良い気はしません。そのため、ダイレクトメールや電子メールなど、既存顧客のみに届く方法でのアプローチが良いでしょう。たとえば、限定クーポンを送付してはいかがでしょうか?

pixta_47624028_Sクーポンは、直接支払いに関わるため、顧客が満足感を得やすいサービスです。クーポンを送付する時は、既存顧客のみを対象とした特別なクーポンであることが分かるようにすることで、より満足感を与えることができます。

クーポン以外には、ノベルティを送付する方法も考えられます。ただし、ノベルティは、内容によっては顧客に良い印象を持たれないため、注意が必要です。ボールペンのように、あまり自分では購入しないものの、使う機会がある実用的なアイテムは、ノベルティとして好まれます。

また、生活を送るうえで意外と消耗するものがタオルです。手拭きや顔拭きのほか、掃除などでも使う機会があるため、補充してもすぐに買い替えが必要なほどに傷んでしまいます。どのような性質の顧客にもニーズが高いノベルティです。最近では低コストでフルカラー印刷できるタオルノベルティ通販もあります。企業名を入れ、かつデザインにもこだわったタオルならば、既存顧客をより満足させられるでしょう。

既存顧客に対してクーポンやノベルティを送付することは、新規顧客の顰蹙を買わず、既存顧客を優遇できる手段です。既存顧客のキープは重要ですが、新規顧客もいなければ、経営を維持することはできません。新規顧客を獲得しつつ既存顧客もキープするために、試してみてください。

pixta_37770373_S

売上を向上させるために販売手法を見直しましょう

近年は多くの人がスマートフォンやパソコンを持ち、気軽にインターネットを利用できることから、通販ショップの利用が増えていると言われています。

しかしながら、実際のところ、もっとも売上に繋がりやすいと言われているのは対面販売であることをご存知でしょうか?

対面販売が売上につながりやすいのはなぜ?

対面販売は、販売員がショーケースなどを挟み、お客に直接商品を販売する形態です。なぜ対面販売が売上に繋がりやすいのでしょうか?それは、販売員がお客の興味や反応を見ながら接客できるためです。

ケーキ屋の対面販売を例に挙げます。ケーキ屋で販売されている商品には、一般的にホールケーキとカットケーキがあります。店舗にやってきたお客がショーケースを覗いた時、視線の先にホールケーキがあるのかカットケーキがあるのか、それによって販売員は対応を変えられます。

ホールケーキに興味があるお客の場合、お祝いごとを控えているケースがほとんどです。そこで、何のお祝いであるかを尋ね、お祝いのシーンに適した商品を勧めることができます。また、複数人で食べることから、一緒に食べる相手のアレルギーなどを考え、材料について説明する場合もあります。

pixta_37770260_S一方で、カットケーキに興味があるお客の場合、お土産として持ち帰ることを検討しているケースが考えられます。この時、味が分からなければ購入する商品を決めづらいお客がほとんどです。試食を差し出し、食べ比べてもらうことで商品購入に結び付けることができます。

以上のように、お客が興味を持っているものや反応によって、個々に最適な接客をしやすいことが、対面販売が売上に繋がりやすい理由として挙げられます。

対面販売では商品の状態に注意しましょう

対面販売は、実物をお客が目で確認できるという点もポイントです。特に、直接口に入れる食料品に関しては品質を気にするお客が多いです。ガラス越しとはいえ、見た目上問題がない食料品には安心感を覚えます。ガラスケースの中に入っている食料品は、他のお客が手を触れる心配がないという面でも安心できます。

ただし、お客が商品を目で確認できるということは、時間の経過で見た目が損なわれている場合もお客の目に映ってしまうということです。品質的には問題がなくても、お客にとっては不安のタネになります。そのため、対面販売では商品の見た目を維持することも重要になります。

特に、例に挙げたケーキ屋のように、冷蔵保存が必須の食品を取り扱う場合は、温度変化などで見た目が損なわれやすいため、食料品の冷蔵保存が可能な対面ショーケースを利用しましょう。

例えば、ケーキは乾燥にも弱いため、高湿冷蔵タイプの対面ショーケースが適しています。乾燥によるクリームのひび割れなどが起こりにくく、美味しそうな見た目を維持できます。

Page 1 of 3