マーケティングパラダイス.net

マーケティングの基礎から最新情報まで!

カテゴリー: ウェブを活用したマーケティング

Young beautiful Asian woman using smartphone and credit card for online shopping at home with copy space. E-payment technology, shopaholic lifestyle, or mobile phone financial application concept

ECサイトを利用するならスマホ対応は必須です

ECサイトを構築していく場合は、スマートフォン対応を行うことが大切です。日常的にスマートフォンを利用するユーザーが多い現状では、自社のサイトをスマートフォンに対応させていくことは重要です。新規にネットショップを立ち上げていく場合には、サイト開設当初からスマートフォンでの商品の購入が出来る仕組みを導入していくことが必要です。ユーザが移動中等でも気軽に商品を選ぶことが出来ることとスピーディな決済手段を導入しておけば、多くの売上を見込んでいくことも可能です。

ネットショップを長期的に運営していくには、常に安定した売上を計上していくことが必要になります。広告費用を掛けていっても、アクセスしたユーザが購買をする気分にならなくては意味もありません。サイト構成から考え、スマートフォンユーザが問題なく、自社の商品や商材を購入していくことが出来るようにサイト構築を実現していきましょう。

最近はイベントやセール時の繁忙期の集客手段にSNSを活用していくケースも増えています。ユーザが日常的にスマートフォンで見ているSNSでの集客を行う際にも、事前にサイトをスマートフォンに最適化しておくことが大切です。いつでもユーザが購入出来る仕組みの構築が大切です。

young asian business woman working in office using laptop computer.

企業ホームページの制作をプロに任せるメリット

会社や商用のホームページでも、一から十まで自分で作成しているケースもないわけではありませんが、一定以上のクオリティを望む場合、とりわけ商用としてホームページを利用する場合はWEBの製作をプロに任せた方が賢明です。

素人がホームページを作る場合と専門業者がホームページを作る場合の一番の違いは、カスタマイズの自由さです。素人がホームページを作る場合、大抵のケースでホームページ作成ソフトを用いますが、それらの作成ソフトは、基本的に初心者に対応し簡単な入力で作成を可能にしているため、決められたテンプレートに限定されてしまいます。同様に画像や文字デザインも既存のものとして決められていることが多いです。
このような方法でホームページを作ると、ホームページの構成が非常に限定されたものになり、閲覧者にとっても、どこか素人のような、様にならない、あるいはどこかで見たようなホームページになってしまいます。ましてや一般的な会社のホームページにあるようなオリジナリティ溢れる、格好いい動的なデザインなど望むべくもありません。

一方、専門業者の場合は、ホームページ作成にあくまでHTMLとCSSを巧みに用い、直接打ち込み、加えてjava Script、高度なオーサリングツール、Illustrator、Photoshop、Flash Professional等のソフトを用いて複合的にホームページを作成します。結果、カスタマイズの自由度が上がり、オリジナリティのある、それでいて万人に違和感のないホームページが出来上がります。加えて検索エンジンが読み込みやすい(つまり、SEOに有利な)ホームページに仕上げていることも見逃せません。

London, UK - 03 17 2019: Social media icons printed and placed on computer keyboard applications Facebook, Twitter, Instagram, Youtube, Pinterest, Snapchat etc.

SNSを利用した広報が人気です

広告には様々なものがあります。紙媒体のものは固定費用としてかかりますが、効果がどのくらいあるかはわかりません。WEBではクリック課金となっているものも多く、実際にアクセスがあったときのみ料金が発生する仕組みとなっているため、無駄なく宣伝をすることができます。

最近ではSNSを利用した宣伝が一般的になってきました。このタイプは幅広いターゲットへ向けた宣伝を行うことができるのと同時に、年齢や住んでいる地域やそのユーザーの行動や趣味を限定して表示させることもできます。検索サイトではそのようなことは難しいため、高い費用対効果を得ることができます。

またバナーを作る場合は、検索サイトでは設置する場所によって、容量制限やサイズに細かなレギュレーションがあります。SNSではいくつもパターンを用意する必要がなく、基本的にはテキストベースの宣伝となるため、制作費用を抑えることもできます。また、検索サイトに掲載するものよりもSNSに載せたほうが、費用も安く済むでしょう。

大手検索サイトの掲載枠は非常に高く、小さな会社や資本力のない会社ではなかなか掲載に踏み切るのも難しいでしょう。しかしSNSはもっと身近で手軽に利用できる宣伝手段なのです。